読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

minto blog

みんと ブログ

                 

お久しぶりです。

春のお彼岸ですね。

月日が経つのは、早いものですね。

21日は、私の祖母の本命日でもあるので、お墓にお参りに…と思っていたのですが…

連休中日の19日に、従兄の訃報が入り

悲しい日々でありました。

 

丁度一年前に、今、亡くなった従兄の

お嫁さんが、逝ってしまって、

娘、三人と猫一匹と自分を残して先に逝ってしまったことの悲しい想いを言っていたのに…

片親になり、娘、三人の成長を心から、

応援していた従兄だったのに…

大事なお父さんだったのに…

 

そんな従兄がなくなり、

残念でなりません。

 

そして、娘ら三人のことが

不憫でなりません。

 

長女は、信州大学の医学部を出て、

今は、インターンで、

次女は、金沢大学

三女は地元では、有名の進学校に

今年の春に合格して

その御祝いをする為に、

連休に実家に帰省していた時の悲しい

不幸でした。

 

従兄は、その日、三女と

高校に持って行く物を買いに出かけて

行き、お弁当の入れ物を買い、

毎日、何を入れようかと楽しそうに

三女に話していたそうです。

帰りにホールケーキを買って帰ったそうです。

その晩、長女は、まだ、帰省前で

次女と三女と夕食を済ませ

 

お父さん、お風呂に入ってくるよ

上がったらケーキ、皆んなで食べような    

 

それが最後の言葉だったそうです。

 

 

私なら、毎日のお弁当、パパに作って

いるけど、楽しみになんてならないのに…

従兄は、とても優しいお父さんだったみたいです。

そう思うと、

また悲しみが一層 増します。

 

入浴時間が長い事を変に感じた次女が

見つけたそうで、慌ててお風呂の水を

抜き、ほっぺをペチペチしたり背中を叩くなど、いろいろ、救急車を呼ぶ間、

次女と二人、必死だったそうです。

救急隊員の心配停止と言う言葉を

聞いても

 どうしよう、お父さん!と助けを求める自分がいた事を話していました。

 

感謝しかないのに、

あの時、ワガママ言わなければ…

あの時、 めんどくさがらなけば…

 

あの時、もっと早く気づいていれば…

あの時…あの時…

と自分を責めて泣き崩れる娘さんに

かける言葉も見つからず

 

貴女のせいでは、ないよ。

与えられた人生だったんだよ。

と言うのがいっぱいでした。

 

亡くなった従兄には、年老いては、

いますが、両親は、健在で、喪主は

従兄の父でした。

 

 

ずっと春らしく暖かかったのに、

昨日は、涙雨か、寒い雨降りの日。

葬儀を終えました。

 

両親を亡くした娘さん達は、

三人、力を合わせて

力強く生きていってほしい

と願っています。

 

そして、私も、母の本命日が、3月28日で行けなかった祖母のお参りも

合わせて28日にいってこようと

思います。